マングローブ

大きいマングローブ林を巡るカヌーのツーリング。ジャングルを通って雄大な滝を歩いて見に行く。眠っていた冒険心が目を覚ます西表島のスポットへ行こう! わが国では沖縄県がダイビングの名所と位置付けても反対する人はいないでしょう。立派なサンゴ礁を鑑賞するダイビングはそれ以外の地域とは天秤にかけられない別格のものです。 単なる遊びではなく、海漂林の実態や意外と知られていないサンゴの面白い秘密もきちんと教えてくれるエコロジーで知的になれるツアーだといえます。 沖縄らしい場所といえばまず海!色々なブルーで塗られたような海の中を、南国ムード溢れる明るい色合いで美しい魚たちとたわむれる体験は永遠に忘れられない記念になるでしょう。 世界中で高評価を得ている沖縄の美しい海、世界文化遺産、自然文化遺産保護条約の認定を待っている鬱蒼としたやんばるの森やきれいな川や爽快な滝で日本とは思えない大自然と触れ合いませんか? ダイビングの事故率は他のレジャーやなんかと比べてみると全然多いと思われていますが、その逆で少ないくらいなのです。昨年の犠牲者の方や未だに行方不明のダイバーは14名と発表されています。 ダイビングをする事でいつもの生活をエンジョイしましょう。新しくスキューバダイビングの奥深さを経験したらどんな人でも夢が違ってきます。 まだまだ普通の人には認知されていませんが、MSD(マスター・スクーバ・ダイバー)は、数々のダイビング実践や環境で技能技術を磨いて、抜群の実績を経てきたことを証明している「アマチュアでは一番のランク」となります。 ダイビングをやってみようと考えるなら、最初にやるべきことはダイバーたちに7点セットと定義されているスノーケル、マスク、フィン、更にはスーツ、グローブ、ブーツ、メッシュバッグは買っておいた方が良いと思います。 日本の楽園沖縄には楽しいビーチがあり、その日の天気予報などを参考に一番適した地域に行きます。大型船では到達できないポジションに行くボートプランに人気が集中しています。 ビギナーズダイビングなら、身軽に水中散策が体験できます。気安いだけに、入水ポイントや深さおよび滞在時間などに規則が設けられていますが、ひとまずトライすることが大切です。 日毎営業している食事のできる客船「モビーディック号」で沖縄県の色鮮やかな夕日で紅く染まった風景を眺めつつ、本格的なお料理をご堪能ください。 結婚式が済んだら、ご親族も同行して、又は沖縄旅行の大切な思い出にお友達、ご夫婦で華やかなロングリムジンで移動し、沖縄に一隻しかないディナークルーズをどうぞ。 どこまでも透明な海の中を自由気ままにふわふわと遊んで、初めてみる魚の群れと出会う。あたかも今まで考えたこともない体験を実現してくれるのがダイビングアクティビティです。 ひとりでものびのびできる応対、ホッとできる満足できるダイビングをお伝えしますのでだれでも気張らずに開始できます。

MENU

ダイビングや沖縄青の洞窟の良さを知って頂くサイトを心かげていきます。